E50エルグランド覆面─被害者支援車




2009年度に大量導入されたことで話題になったエルグランド覆面。それ以前から数十台単位で毎年国費配備されてきましたが、本格的に配備されたのはE51型になってから。

モデルチェンジ前のE50型はそこまで多くありません。今回はE50後期型を見てみましょう。

型式 GH-APE50
グレード V
名目 被害者対策車
単価 2,084,250円
配備年度 平成13年度
入札カテゴリー 被害者対策車
配備台数 75台

 

平成13年度導入の後期型。ユーロアンテナを装備しています。型式が「APE50」となっているので、3500ccエンジンのFR車です。

リアのエンブレムから、グレードはVであることがわかります。
2018年の愛知県警視閲式で撮影しました。平成13年度導入の車両もすでに17年選手となっています。50系エスティマに更新された車両もおり、今後も廃車が進むでしょう。

(参考)
画像はありませんが、前期型4WDのJも納入実績があります。

型式 E-ALWE50
グレード J
名目 捜査用多目的運搬車
単価 2,494,800円
配備年度 平成10年度
入札カテゴリー 私服用ワゴン型無線車
(3000cc級4WDAT)
配備台数 73台

正確には車名がエルグランドとなる前の「キャラバンエルグランド」時代で、型式から3.3L V6ガソリンエンジンを搭載したモデルでした。