ハイエースのゲリラ対策車




この記事ではハイエースのゲリラ対策車を解説しています。

諸元

型式GE-RZH112K
名目ゲリラ対策車(=遊撃車Ⅲ型)
単価2,284,800円
配備年度平成14年度
入札カテゴリー私服用ルートバン型無線車
配備台数72台

解説

100系ハイエースのゲリラ対策車は、大規模本部に配分されている印象があります。警視庁、大阪府警、北海道警、埼玉県警などに配備が確認されています。
ゲリラ対策車は「ルートバン型無線車」の名目で入札されてきました。すべての年度を確認してはいませんが、この年度は「私服用」が付いています。「私服用」という文言はたいてい捜査車両などに付けられます。

2002年度車は散光式警光灯を前後に2個装備しています。しかし1999年度までは覆面パトカーのような流線型赤色灯だったため、仕様書が変更されたと思われます。

最大積載量は750kgです。車内に特別な装備はありませんが、警光灯が2つあることや、すべての金網を装着した状態を考慮して減らされているようです。

ギャラリー