三菱ふそう・ローザの遊撃車




三菱ふそう・ローザの遊撃車を紹介します。遊撃車は機動隊などで使われている車両で、現場まで隊員や資機材を輸送するのに使われます。中型輸送車と似たような外観です。

型式PDG-BE63DE
名目遊撃車Ⅱ型
単価5,082,000円
配備年度平成19年度
入札カテゴリー遊撃車Ⅱ型
配備台数34台

2007年度車ですが、2009年度車も基本的に変化はありません。バンパー内にはドライバユニットがほぼむき出しの状態で取り付けられています。


リアです。中型輸送車も同じような外観ですが、リアに観音開きのドアがあり素早く展開できるような仕様となっています。
車体に警察表記はありません。遊撃車などの機動隊系車両に警察表記が入っているのは、静岡県警ぐらいでしょうか。


無線機は、助手席側のグローブボックスに鍵付きの本体ごと取り付けられています。

遊撃車は警視庁や大阪府警など、大規模本部には大量に配備される傾向があります。一方で地方の本部では、1〜2台ということもあります。例えば静岡県警には1台だけしか配備されていません。おそらく機動隊の人数や編成、警備対象となる施設の数などを考慮して配分されているものと思われます。

▼関連した記事もあります▼
シビリアンの遊撃車はこちら

【日産】シビリアン遊撃車だけど金網が取り付けられないレア仕様

2020年1月11日
遊撃車Ⅲ型に分類される、ゲリラ対策車はこちら

E24キャラバンのゲリラ対策車(中期型・後期型)

2020年1月27日