【日産】シビリアン遊撃車だけど金網が取り付けられないレア仕様




今回はシビリアンの遊撃車を紹介します。

型式 UD-DVW41
グレード 標準ボディ
名目 遊撃車
単価 4,998,000円
配備年度 平成17年度
入札カテゴリー 調査中
配備台数 調査中

マイクロバスがベースとなる遊撃車には1型と2型が存在します。この車両は運転席側の側面に折戸がないことから2型と思われます。しかし、金網が取り付けられる箇所が通常よりも少ないレア仕様となっています。

静岡県警のシビリアンです。フロントガラスには金網が取り付けられますが、ヘッドライト部分には取り付けることができません。
この車両は、新型警察無線IPRに対応しているアンテナを取り付けています。

左側面(助手席側)は、ドアより前部分のみ金網を取り付けることができます。

右側面は運転席部分のみ金網が取り付けられます。運転席より後ろ、そしてリアには金網がありません。

通常はスモークガラスではありませんが、この車両はスモークガラスになっています。金網も含め、通常仕様の遊撃車とは大きく仕様が異なっています。年度による差異なのでしょうか。
静岡県警の他に、福島県警や香川県警でも存在を確認しています。