日産・サファリのパトカーは愛知県警で活躍中(Y61型)




愛知県警にはサファリのパトカーが3台県費で配備されています。
導入の経緯に関する公式文書などのソースは確認できません。しかし自動車警ら隊に長年配備されていたことを考えると、逃走車両の体当たりへの対策なのではないかと推測されます。

諸元

型式TA-WFGY61
グレード4ドア ワゴン グランロードリミテッド
名目その他生活安全車両
単価4,252,122円
配備年度平成15年度
入札カテゴリー不明
配備台数3台

 

ギャラリー


解説

サファリは平成15年度に3台が県費で導入されました。いずれも自動車警ら隊に配備され、10数年以上活躍を続けていました。現在は山間部を管轄する警察署へ2台が移動、残り1台は廃車になりました。非常に無骨なスタイルで車体も大柄。名古屋市内の幹線道路ならまだしも、それ以外のエリアではなかなか運転に苦労する場面もあったのでは、と感じます。

サファリは2002年にマイナーチェンジが行われ、Y61中期型となりました。グレードはグランロードリミテッドのみになり、2007年中盤に国内販売が終了。パートタイム4WDに、搭載エンジンは245馬力・4.8L・直6というキワモノ。Y61型のそもそものコンセプトが「オーストラリアや中東の砂漠を走る」こと。愛知県の市街地で逃走車を追跡するというシーンは、ある意味で想定外だったかもしれません。そんなサファリも今では余生を過ごしていますが、導入から16年以上が経過しており引退の2文字も見えてきています。