トヨタ・プラッツの覆面パトカー




概要

平成15年度に県費導入された、プラッツの覆面パトカーです。県費では1300〜1500cc級のセダンがチョイスされることもあり、国費では1800cc級以上がメインになるのとはやや様子が違ってきます。

さて、プラッツはヴィッツのセダン版といってもいいでしょう。コルサやスプリンターの後継という扱いで、比較的低価格で購入できることもあり、小型警ら車として3回にわたり大量導入されました。

一方で捜査車両としては車種ゆえ、地味な存在なのは否めません。国費で庁用指揮用車として数十台が導入されたのみにとどまり、大規模な配備はありませんでした。一部の県警で県費導入されたものが残っている状況です。

前述の庁用指揮用車の配備先はほとんどが管区警察局だったようで、平成25年頃から警察本部へ管理換えされた車両が存在します。

諸元

型式UA-NCP12
グレード1.5F
名目一般捜査用車(セダン)
単価1,149,750円
配備年度平成15年度
入札カテゴリー捜査用車(セダン)
配備台数13台(確認済のみ)

ギャラリー

カーナビは、カーロケ対応のものではなくストラーダの市販品です。2004年マイナーチェンジされた後期型です。フロントグリルなどの意匠が変更され、前期型に比べて垢抜けた感がありますね。個人的には白黒パトカー含め、後期型の方が好みではあります。

TAアンテナはリアガラスではなくルーフ後端に取り付けられています。なお、サイレンアンプは搭載していないため、緊急走行はできません。

こちらの車両はTLアンテナを装着しています。後年、外部突起物規制に対応するため、基台部分に黒色ゴムを装着していた車両も存在しました。

こちらの車両はスモークフィルムが貼られておらず、非常にシンプルな外観です。価格が同じことから、フィルムは一部の車両に後付されたのでしょうか。

こちらの車両はTLアンテナの基台が残るものの、TAアンテナも装着しています。シティーロードではないタイプで、きちんとリアガラスに取り付けられています。また、無線機は助手席足元に表示部が置かれ、本体はトランク内に設置されていると思われます。

県費車ということもあり長年活躍していた感はありましたが、近年は複数台が廃車されています。一方でIPR無線機に載せ替えられ活躍を続けている車両もあり、今後の動向には注目です。