山梨県警なのに…?変わり種のクラウンパトカー




令和2年の山梨県警年頭視閲式で展示された鰍沢警察署のクラウンパトカーを紹介します。

このパトカーには、他の車両と一線を画した細工が施されていますので紹介します。

バンパー左前に「10」の文字がありますね。他にどんなマーキングがされているのでしょうか。

この車両自体は、平成28年度に国費で導入されました。

リアガラス左下には「鰍10」の文字があります。蛍光黄色のテープを使用していることから、神奈川県警を意識しているのでしょうか?神奈川県警の場合はリアガラス右上にコールサインが貼り付けられています。

中央には武田菱、リアトレイには三角柱の「自動車警ら班」が置かれています。武田菱は山梨県警機動隊のロゴマークとしても使用されています。

リアには「自ら班」の文字が。よく見るとテープをカットして貼り付けられていることがわかります。気が遠くなりそうですね…

リアトレイに載せられた「自動車警ら班」。

リア全体です。昇降機の横左右にも「10」の文字が入っており、合計7箇所に表記が追加されていることになります。

山梨県警の無線警ら車には、非常に長いアンテナを装着している車両もいます。鰍沢署管内は山間部ゆえ無線の入りが悪い、ということはないのでしょうか。