スズキ・エスクードXGの遊撃警護車(高床ワゴン型)




この記事では、エスクードの遊撃警護車を紹介します。

諸元

型式CBA-TDA4W
グレードXG
名目遊撃警護車(高床ワゴン型)
単価1,949,850円
配備年度平成25年度
入札カテゴリー遊撃警護車(高床ワゴン型)
配備台数不明

解説

平成25年度に導入された、エスクードの覆面パトカーです。遊撃警護車(高床ワゴン型)の名目で配備されており、前任はランドクルーザープラドなどの世代にあたります。

プラドやハイラックスサーフ、ランクルなどと比べると車格がやや小さい気がします。しかし仕様書の基準を満たす性能で、価格面で勝負するとエスクードが強かったのでしょう。平成24年から25年にかけてスズキは、キザシを筆頭にSX4セダンの小型警ら車、エスクードの覆面パトカーと次々に落札し、警察車両市場を席巻しました。

塗色はブラックだけでなく、シルバーも存在します。シルバーは一部に存在する「警衛車」のみだと思っていましたが、実際はそうでもないようです。

ギャラリー

関連記事
過去に導入された、遊撃警護車を解説した記事はコチラからどうぞ。

【トヨタ】ハイラックスサーフの遊撃警護車

2020年1月28日

まだまだ現役!80系ランクル警護車

2018年8月18日