まだまだ現役!80系ランクル警護車




警護車はセダン型とワゴン型が配備されています。ワゴン型はランクルプラドやエスクード、ハイラックスサーフが多いですが、80系ランドクルーザーも導入されていました。残り少なくなった80系、2016年の愛知県警視閲式で撮影した画像でご紹介します。
まずは基本情報。

型式E-FZJ80G
グレードGX
名目遊撃警護車(高床ワゴン型)
単価3,727,570円
配備年度平成7年度
入札カテゴリー遊撃警護車(高床ワゴン型)
配備台数18台

銃器対策部隊の訓練展示で使用されました。グリル内には前面警光灯があります。ナンバープレートの左横に見えるのはサイレンアンプのドライバーユニットです。

2018年の視閲式では、200系後期型のランクルが訓練展示で使用されていました。主役からは外れたのかもしれません。

エンブレムからわかるように、グレードはワゴンのGXです。無線用のアンテナは2本装備しています。

車内です。無線機表示部はグローブボックスを改造して取り付けられています。サイレンアンプとカーナビも装備されています。

2018年8月現在も残存が確認されています。