照明装置があるE25キャラバン。投光車ではないとはこれいかに?




平成22年度に国費導入された謎の車両をご紹介します。。22年度といえば、21年度の大量導入の翌年ということもあり、国費での配備が極端に少なかったようです。照明装置があるものの、「投光車」ではないという一風変わった車両です。

型式CBF-CSGE25(推測) 
グレードDX
名目指揮用車
単価6,373,500円
配備年度平成22年度
入札カテゴリー(不明)
配備台数2台を確認済み

屋根に照明装置を搭載したキャラバン。長らく詳細は不明でしたが、「指揮用車」の名目で配備されていることが判明しました。

運転席と荷室の間には警察電話が装着されています。

屋根にはパナソニック製のTAアンテナを装備しています。

センターコンソールには1DINオーディオとサイレンアンプがあります。社外のオンダッシュナビを装着しています。

神奈川県警の車両です。こちらは紺色(マローブルー)となっています。機動装備隊が運用しているようです。

屋根上の照明装置が価格を押し上げているようです。兵庫・神奈川の両県警で確認していますが、他にも存在するのでしょうか?

そして、なぜ「指揮用車」の名目なのかも謎です。本部の機動装備隊で使用することを想定したのかもしれません。それなら「機動装備隊用車」あたりの名称にするだろうし…