ハイルーフ8ナンバーから標準ルーフの覆面仕様に??小型輸送車も時代の変化。




型式CBF-VR2E26
グレードDX
名目小型輸送車
単価1,922,400円
配備年度平成29年度
入札カテゴリー(調査中)
配備台数(調査中)

フロントグリルのシルバー部分が大きく開口しているのが後期型の特徴です。屋根には、ルーフアンテナを通すための穴がありますが塞がれています。赤色灯の台座は鑑識車でもおなじみですね。

鑑識車とほぼ同じ仕様になりましたが、荷室にラックがないことで見分けられます。

紺色やシルバーで同じ仕様の車両も確認されていますが、小型輸送車の名目で配備されているかは調査中です。

小型輸送車は、ハイルーフで赤色灯が付くのが定番の仕様でした。しかし2013年度には、ハイルーフのNV350キャラバンが覆面仕様で導入される事態が。そして2017年度には標準ルーフ仕様に。ゲリラ対策車の大きな仕様変更とも相まって、これまでの常識が覆される期間となりました。

小型輸送車には金網なし、金網付き、鉄警隊用、航空隊用など幾つかの種類があります。しかし、これらは名目上の話で、実際にはそこまで意識して配備されているわけではないようです。