【49回衆院選】岸田文雄内閣総理大臣@名古屋駅前

令和3年10月21日、岸田文雄自民党総裁が、第49回衆議院議員総選挙の応援演説のため愛知県を訪問しました。
名古屋駅前で行われた応援演説の警護車列を掲載しています。


たまたまの通りがかりなのか、周辺警戒にあたっていたのか、SG後期フォレスターの捜査車両。北海道にはそこそこの個体が存在しているようですが、他の本部ではあまり見かけない印象。


先行するのはC26セレナ。平成25年度に大量導入されたうちの1台。名目上は「指揮用車」で、全国に溢れかえっていますね。平時はユーロアンテナのみですが、ホイップアンテナも増設。


車列が出発。メインは200系クラウン。


総理大臣専用車として有名なLS。地域によってはセンチュリーを使用したところもあるようで、これ1台だけで回しているわけではありません。


後押さえはエスクード。随行のハイエースは可児タクシー。当日最初の演説会場が可児市だったため、選定されたと思われます。この後、愛知県内各地〜浜松市で新幹線に乗車するまで随行していました。


信号待ちで停車するのはフーガ。特別警護車として導入され、各地の警護車列で使用されています。