なぜビアンテ?と疑問は残るけど車体が大きくて存在感だけはすごい




県費で6台導入されているビアンテをご紹介します。ワゴン型の捜査車両といえば、日産・セレナやトヨタ・ノアの存在感が大きいものです。ちなみに、マツダのワゴンで国費導入されたのは、ボンゴフレンディぐらいでしょうか?

型式DBA-CCEFW
グレード20CS
名目一般捜査用車(ワゴン)
単価1,690,500円
配備年度平成20年度
入札カテゴリー(調査中)
配備台数6台

価格が安いことと、屋根に赤色灯脱落防止ピンがないことから、サイレンアンプは搭載されていないと思われます。

こちらの車両はTAアンテナを装備しています。県費の入札に、なぜマツダがビアンテで応札してきたのかがやや謎ではあります。ただ、サイレンアンプの架装がなく、標準装備に加え無線機固定装置程度で済む場合は、こういった変わり種で入札してくるのかな、と推測しております。

ダッシュボードには、Panasonic製のカーロケナビが設置されています。モニター裏面にはコールサインが貼られています。サイレンアンプがないとすると、「緊急」または「F1」ボタンが押されることは永遠になさそうですね(笑)