地味に4WD仕様のRFステップワゴンは全国にわずか18台の少数派。




ミニバン型捜査車両の先駆けとなったのは、(初代)RFステップワゴンと言っても過言ではないでしょう。平成8・9年度に大量導入されたことがキッカケで、2000年代前半まで席巻していたものです。

今回ご紹介する車両は、初代後期型・4WDという少数派。大半の車両が前期型・2WDだったので、後期型というだけで目立つ存在となっています。

型式GF-RF2
グレードG
名目薬物取締用車
単価1,627,500円
配備年度平成11年度
入札カテゴリー私服用ワゴン型無線車(2,000cc級4WD)
配備台数18台

赤色灯脱落防止ピンはありません。排ガス規制記号が「GF」になってからの導入は少数にとどまっています。(前期型は「E」規制でした)

カーナビを搭載しています。また、リアに「4WD」のエンブレムがあるため判別は容易ですね。

同年には、駆動方式指定なし(2000cc級AT)もホンダが落札しており、こちらは2WDのステップワゴン(GF-RF1)が導入されています。

18台のうち静岡に2台、兵庫に1台を確認しています。