スバル・サンバーのパトカー(京都府警)




解説

京都府警西京警察署のサンバー・パトカーです。小型警ら車として配備されています。
軽のワンボックスがパトカーに採用された例は意外と多くあります。警視庁のエブリィやハイゼットカーゴを筆頭に、福岡でもエブリィやクリッパーなどがパトカーに採用されています。

しかし、サンバーがパトカーに採用された例はいまのところ京都府警の1台だけと思われます。
以前からネットに目撃情報や画像は上がっており、話題にはなっていましたね。阪急線の桂駅で下車した際に、駅前交番に停まっていたため撮影することができました。

諸元

型式LE-TV1(推測)
名目小型警ら車
単価不明
配備年度平成20年度
入札カテゴリー不明
配備台数1台

ギャラリー

後方ガラスは透過率が高いもののプライバシーガラスが装着されており、リア上部には「京都府警」の文字が入っています。
ルーフアンテナがないことから、車載無線機は搭載していないと思われます。

撮影地は桂駅前交番ですが、当方は地元民ではありませんのでここに常駐している車両かどうかは不明です。