150系クラウンのパトカーがまだ現役!




2019年1月、熱田神宮の警備にあたっていた150系クラウンのパトカーをご紹介します。国費で平成12年度まで導入が続いていた150系クラウン。翌年度からは170系にモデルチェンジしましたが、一部の県警では交通用パトカーが細々と生き続けています。

型式GF-JZS155Z
グレードパトカー専用グレード
名目交通取締用四輪車(一般用)
単価1,816,500円
配備年度平成12年度
入札カテゴリー交通取締用四輪車
配備台数220台

国費車はフェンダーミラー仕様ですが、県費の一部車両ではドアミラーも見られます。平成12年度車なので最終型です。

助手席側にナビミラーを装着しています。高速隊所属の車両ですが、以前は所轄交通課で使用されていました。さらに、対空が400番台なので元は交通機動隊で使用されていたことがわかります。

なお、高速隊にはバグガード付きの150系クラウンも残っていますが、訓練用として使われているようで、実戦投入はされていないと思われます。