【山口県警】下関駅前で遭遇したパトカー&警察車両たち




9月10日に山口・広島を訪問してきました。この記事では、下関駅前で撮影することができたパトカーや警察車両を掲載します。

まずは下関駅前交番に来ていた車両たちを。

まずは3代目ソリオです。ルーフにアンテナがあり、赤色灯の上に全方位カメラを装備しています。車内にはタフパッドもあることから、無線機も搭載していると思われます。また、この車両はドアバイザーがありませんね。

ボンゴブローニィの移動交番車です。H21年度に国費導入されました。荷室にカーテンがあるほか、後席は横向きシートになっているようです。

C27前期型のセレナです。ユーロアンテナがあるので一目瞭然ですが、吸い殻を捨てていたのは内緒です…(汗)

NV350キャラバンの鑑識車です。小型輸送車も覆面タイプとなって見分けがつきにくいですが、鑑識車は右側にもスライドドアがあることから判別するポイントとなります。

H20年度導入のC25後期型セレナ覆面です。TAアンテナを装備していますが、シティーロードではなくアンテン製でしょうか。

自動車警ら隊のパトカーが駅前通りを通ったものの、気づかず歩道橋の上から後追いで。

こちらは「自31」。なんと国費で5台しか入らなかった平成22年度の交通パトカーです。元は山口ナンバーで高速隊に配置されていたと思われますが、自動車警ら隊に移動したようです。

「自30」は210系クラウンの警ら仕様でした。「自31」と比べると数字の書体が異なることがわかります。こちらは平成28年度車で、210系クラウンの第1弾となります。