E51エルグランドでもちょっとレアな4WD




エクストレイルと並んでメジャーな日産の覆面といえばエルグランドではないでしょうか?先代のE50型から毎年数十台規模で導入が続いていました。しかし、2009年度にはなんと異例の1000台が導入される結果に。その殆どは駆動方式指定なし(=実質2WD)でしたが、44台は4WD指定で導入されました。今回はその少数派をご紹介します。

型式CBA-MNE51
グレード250V
名目知能犯捜査用車(ワゴン型4WD)
単価3,087,000円
配備年度平成21年度
入札カテゴリー私服用ワゴン型無線車(2,400cc級4WD)
配備台数44台

画像の車両は既に廃車されており、現存しません。
この車両のレアポイントは、
1、21年度車なのに後期型(=フォグランプなし)
2、エルグランドではレアな4WD指定
の2つでしょうか。

フォグランプがないので、2009年9月以前の後期型となります。
この年に入ったエルグランドの殆どは、同年10月のマイナーチェンジ以降に製造された後期最終型となり、フォグランプが標準装備されています。

リアです。私が知らないだけかもしれませんが、外観だけで2WDと4WDは区別できないのでしょうか?

確認している台数
静岡1、岐阜2、京都2 (以上5台) 

E51型の前にはE50型も導入されていました。E50型を取り上げた記事もあわせてどうぞ。

E50エルグランド覆面─被害者支援車

2018.08.10