日本郵便輸送のトラックを観察してみた




さて、2020年になりました。本年の初エントリーとなります。

日本国内で郵便物の輸送を担っているのが「日本郵便輸送」です。
国内トラックメーカーの車両を導入していますが、三菱ふそうの車両だけは見たことがありません。少数派なのでしょうか?


鹿児島中央郵便局を出発する、九州支社・鹿児島営業所のクオンです。
ヤマト運輸や西濃運輸と同じように、路線便として運行する10t級は前2軸の車両が採用されています。


熱田区内を走る、中国支社・広島営業所のプロフィアです。


東海支社・浜松営業所の5代目レンジャーです。キャブが短いのでベッドレス仕様です。車番が「103」と小さく表記されています。架装はトランテックスです。


同じく浜松営業所の4代目フォワードです。

Twitterで、同社のキャブ色についてこんな情報がツイートされていました。

個人的には、赤キャブ車両しか見たことがありませんでしたね。