高知駅前観光のバスを撮る




高知駅前観光は、昭和25年創業の高知県でも老舗のバス事業者です。
高知駅と高知龍馬空港を結ぶ空港連絡バスを運行していることから、高知市街でも比較的見かける事が多い事業者です。
また、「スマイルライナー」として高知・徳島〜TDLを結ぶ夜行バスも運行しています。
今回は、高知駅前観光で活躍するバスをご紹介します。

高知22き・156
1991年式のU-RU3FTABです。メーカーは日野で揃えているのか、セレガが主流のようです。よく見るとブルーガラスでしょうか?

高知22き・485
上より年式が進んで、1997年式のKC-RU4FSCBです。基本的な仕様は変わらずSHDのセレガを投入。

高知22き・・79
1989年式のP-RU638BBです。空港連絡バスでこれが来たら、趣味者的には大当たり。コレを狙って乗車したいほどです。
側面は社名ロゴが隠れるほどステッカーが貼られ、「空港連絡バス」であることを猛アピールしていますが、ブルーリボン・グランジェットに乗れる&撮れるだけでもありがたいと思わねば。

高知22き・136
1991年式のU-RR2HJBAです。中型車が空港連絡バスの運用に入っているのはあまり見かけませんでした。しかし、乗合登録されているということは、代走や続行便ではなく正規に運用入りしているということなのでしょう。

高知200か・157
2006年式のADG-RU1ESAです。大型客船が高知に入港した際の輸送に就いていました。34号車の札が掲げられていますが、最大66号車まで出ており、高知県・愛媛県の事業者総出で対応していましたね。

最後に
撮影はすべて2016年9月です。記事掲載時点で残存しているかどうかの調査はしておりません。ご了承ください。