日産・E25キャラバンの鑑識車




この記事では、E25キャラバンの鑑識車を解説します。

型式KR-VWME25
グレードDX
名目鑑識車(4WD)
単価2,590,350円
配備年度平成16年度
入札カテゴリー鑑識車(4WD)
配備台数140台

鑑識車は、犯罪現場に残された指紋や足跡の鑑識作業を行うための資機材を載せた車両です。
車種は日産・キャラバンが大きなシェアを占めていますが、マツダ・ボンゴブローニイやトヨタ・ハイエースも存在します。

グリル内にドライバユニットが見えます。ウインカーランプがクリアレンズなので、平成17年度まで導入された前期型です。

リアです。ルーフにはホイップアンテナがありますが、センターラインからはやや左にずれているようです。リアアンダーミラーがありますが、実際は荷室にラックが設置されているため後方視界はかなり悪いと思われます。

その他
平成16年度は鑑識車が大量導入された年でした。2WDも137台が導入され、全国に配備されました。この代の更新が、平成25年度のNV350キャラバン(前期型)でした。この年度も大量導入により、鑑識車の世代交代が一気に進んだ感がありますね。

鑑識車には他に、「特殊現場鑑識車」や「広域移動鑑識車」といった枠も存在します。搭載する資機材は関係が無いはずなので、装備が幾らか異なる点があるのかもしれません。