長崎観光にも役立つ路面電車、「長崎電気軌道」を撮ろう。




2019年6月に長崎を訪問しました。
市内を走る、長崎電気軌道の車両も撮影してきましたので紹介します。3形式4両を掲載しています。

1200A形1202号

1982年に登場した1200形を、2005年にリニューアルされたものです。当時は、長崎船舶装備のラッピングとなっていました。
(出島〜新地中華街間にて)

500形502号

1966年に登場した500形で、6両が製造されました。大阪市交通局の廃車発生品を流用しているようです。1両が廃車されましたが、現在も5両が運用に入っています。
(蛍茶屋にて)

370形371号

1962年登場の370形です。7両が製造されました。昭和37年製造ということで「370形」となったとか。前年登場の360形の増備と位置づけられ、一部改良が加えられています。こころ未来高等学校のラッピングとなっています。
(出島電停付近にて)

370形376号

こちらも370形ですが、小浜食糧株式会社のラッピングとなっています。
(出島電停付近にて)

12年ぶりに九州・長崎を訪問しました。行き先表示を見て「崇福寺…?」となりましたが、「正覚寺下」から変更されたんですね。