【協力・拡散希望】ハトの生態調査を行う新規事業を立ち上げます!




今回は通常の記事ではありません。
hatolis(ハトリス)という新規事業立ち上げのお知らせです。

何をやるの?

簡単にいうと、ハトの生態調査を行います。いつ、どこに、どんな模様のハトが何羽いたかをデータ化し、必要とする個人や団体に情報を提供することで料金をいただくというものです。

きっかけは上記の画像にて説明しております。私自身、一人旅が趣味で日本全国駆け回っておりました。旅の道中や地元でカメラの慣らしとも言いましょうか、被写体の一つとしてハトを撮影しています。この経験を元に、ハトの生態データを提供していきたいと考えています。

調査エリアの選定、調査計画の策定を一緒に行う想定です。
交通費・宿泊費を頂き、私が現地で調査を行いその結果を納品いたします。

まだ本格的なニーズ調査は行っていませんが、生態調査のデータ需要はそこまで大きくないと予想しています。
需要を感じている団体や個人の方、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

まずは、私の地元である浜松市周辺から段階的に調査を行います。
次いで、静岡県内、全国で調査していきます。静岡県外での調査については、新型コロナウイルス感染症の状況を見ながらとなります。(ただし浜松市からですと、県東部よりも愛知県三河エリアの方が近いわけですが…)

 

アンケートとお問い合わせはこちら