[イベントレポート]令和を生き抜く発信力の鍛え方〜執筆屋”あんちゃ”トークイベント〜




6月22日(土)に開催されたイベントのレポートをお送りします。
実況していた私のツイートで振り返ってみましょう。

 

(※開始前の一コマ。なんで「リンカーン中村」なのかはわかりませんw)

 

MCの中村真二くん

本イベントのMCを努めたのは、全国で講演活動を行っている中村真二くん。てんかんという病気を持ちながらも前向きに生きる、というのが彼のテーマです。

「ヒマだったから」ブログを始めた

個人的にはこれが一番驚きましたね、いやマジかとw
ブログを始める理由は人それぞれとはいえ、「おぉ…」となりましたw

 

会社をやめた時の収益は?

こちらもどよめきが。そして会社を辞めた理由もなかなかですね。

 

ブログを続けているモチベーションは?


売上などの数値目標を達成しても、さらに次へ次へ…となってしまい焦りにつながったそう。

 

発信とはなに?

”信”じていることを”発”することが、あんちゃさんなりの「発信」の定義。
いずれにしても、発信するには覚悟が必要だという点を強調されていましたね。

 

ブログを書くときのコツは?

まず月初にネタ30個を出し切る、というところが目からウロコでしたね。
ネタ→結論→メッセージ→段落→中身、という順番ですね。

 

令和の生き抜き方

元号が変わり新たな時代になったわけですが、 元号に関わりなく情報はいよいよ溢れて来ています。
そんな中で、軸が定まっている人が強いんです、と。

 

ではどうやって軸を定めるの?

まず「人を意識する」こと。
伝えたいこと・必要とされていること、これらをマッチングさせるために考えていくことが大事なんです。

人生を振り返ろう

自分の人生曲線を振り返ってみると軸が見つかるかも、という提案でした。
時間を取って、良いこと悪いこと、これらを深掘りしていくところから始めたいですね。

 

 

 

 

あんちゃさんのブログはコチラ

 

中村真二くんのブログはコチラ