JR浜松駅からもバスで手軽に行ける中田島砂丘で気分転換しよう




鳥取砂丘ほど大きくはありませんが、浜松市にも砂丘があります。JR浜松駅からもバスで手軽にアクセスできます。自然が豊富な浜松市に訪れたら、一度は足を運んでみるのはいかがでしょうか?

 

バスでアクセスするのが便利

浜松駅バスターミナル6番のりばから、「4」系統に乗車し「中田島砂丘」バス停で下車。徒歩1分。ちょうどバスが停まっているところがバス停です。その先にある信号が砂丘の入り口になります。

料金は280円、所要時間は15分前後で、日中は1時間3本運行されています。

徒歩で砂の防潮堤を越えよう

津波対策のため、砂を盛り上げて防潮堤を作っています。(ほぼ完成かな?)

かなりの高さがありますが、足元は当然砂地ですので頑張って登りましょう。

あとはひたすら海を楽しもう

波打ち際まで近づくこともできます。平日の昼間だと、そこまで賑わっていないのでゆったりと砂浜を歩くことができます。

遠くには漁船の姿も見えます。

波が砕ける様子はひたすらカメラを向けていられます。

筆者も数ヶ月に一度のペースで、中田島砂丘に足を運んでいます。行く度に変化する砂浜、そして空と海のコントラストは最高です。(晴れの日に行きましょうねw)