北陸の有名回転寿司「すし玉 廻る富山湾」で美味しすぎる寿司を食べてきた




富山県と石川県に4店舗を展開する「すし玉 廻る富山湾」。漁港直送を謳い、クオリティの高い寿司を提供していることで有名です。

某YouTuberさんが紹介していたのを見て、富山を訪れた際に行きたいと思っていたのでこのタイミングで行くことにしました。

富山駅構内にある「とやマルシェ」内に店舗がありますので、アクセスも抜群。

入り口には本日のオススメがブラックボードに書かれています。店内にも掲げてありますが、位置によっては見にくいかもしれませんので、こうして入り口で写メを撮っておくのも良いかもしれませんね。

まず1品目は540円の「富山湾盛り」、奥から白えび・ホタルイカ・カニバラ身です。この3貫だけでも富山まで来た価値を感じるものです。

2品目は「光り物3種」、アジ・サヨリ・イワシで330円です。

3品目は「あぶりサーモン」、280円。この週は福井でも寿司を食べたんですが、サーモンを食べるとクオリティの違いがはっきりわかりますね。安い寿司の脂が大量に乗ったサーモンもまぁ美味しいんですが、脂がほとんどない高級なサーモンはさらに美味しいです。「THE・鮭」を感じられるサーモンはやはり良いですね〜。

この辺りで趣向を変えましょう。「Aセット」は茶碗蒸しと天ぷら3種で380円。茶碗蒸しの美味しさもさることながら、天ぷらがアツアツでクオリティの高いこと!エビが美味い!抹茶塩で頂くのは初でしたが、これはハマりそうですね…

5品目は「ふくらぎ」。ふくらぎとはブリの若い魚のことを言います。出世魚であることと、地方によって呼び名が異なることので初耳という方もいらっしゃるかもしれませんね。

6品目は〆として「のれそれ」を注文。マアナゴの稚魚で、珍味とも言われています。富山名物というよりは高知県のほうが有名です。
この触感はハマりますねw そして生姜と紫蘇の葉がとても合う!

チラッと後ろに写り込んでいますが、お酒は「銀盤 黒部」の水割りでした。

一般的な回転寿司に比べると「高い」のは事実ですが、これほどのクオリティを駅ナカでリーズナブルなお値段で食べられるとなればこれは行くしか無いですね!

次に富山を訪問した際にもリベンジ確定ですw