密かに暗躍する指揮所─100系ハイエース




現場の指揮所として使われるハイエース。マイクロバス型よりも秘匿性が求められる場面や、より小規模で済むときに使われます。現在一線で使用されているのは200系ハイエースの前期型が多いですが、役目を終えつつある100系ハイエース後期型にスポットを当ててみます。

型式 GE-RZH124B-ZRMDE
グレード コミューターDX
名目特殊移動指揮車(Ⅰ型)
単価3,622,500円
配備年度平成12年度
入札カテゴリー特殊移動指揮車
配備台数14台

注:画像の車両はすでに廃車されています。

最大積載量が750kgまで減らされています。車内には折りたたみ式の座席、指揮台の役目を果たすテーブル、資材などを置くためのラックが設置されています。他の年式では700kgや400kgとなっている車両もあり、車内の仕様が違っているようです。

この車両は、右側面に外部電源用のメタルコンセントがありません。他の年式の車両では付いているものもあり、年度による仕様の違いと思われます。

名目が(Ⅰ型)となっていますが、「警備用」「国際テロ用」という表記もあるようで、統一はされていないのかもしれません。

用途が用途だけにどの本部にいるかは控えますが、12年式車は全国で6台を確認しています。